FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ 4

次の日は午前中のフライトで帰国なので、バルセロナ観光、最終日です!

◯5日目
午前10時にカタルーニャ音楽堂、ガイドツアーを予約しています

モンタネール作、世界遺産です!


ベルトラという会社を通じて申し込みました 18ユーロ

ガイドツアーはカタルーニャ観光局で、ガイドは英語ですが

チケットカウンターでバウチャーとチケットを交換です


カフェで待機、左の通路のから入って、後ろ側へいきます




小部屋に案内されて、スクリーンでビデオを見ます(プロモーションビデオみたいな?)

音楽堂の歴史や、高名な音楽家のインタビューとか

「素晴らしい音楽堂です」とかなんとか言ってました(と、思います…英語なんで)

それから、音楽堂に連れて行ってくれました






極めて装飾的、華麗な内装です!

外部も細かいところまで手を抜きません!





この音楽堂は私にとって目からウロコでしたね

現代建築は装飾を排除していて、それがスタイリッシュでカッコいいとされていて

それもいいけどそればかりではツマラナイ

色もモノトーン一辺倒では面白くない!

こんな風に一杯色を使って、楽しいものを作ってみたい、絵を描いてみたいものです

今回はガイドツアーでしたが、コンサートも聴きたかったなあ

申し込めます!公式ホームページ www.palaumusica.org

こちらは英語ページもあります、得意な方はどうぞ

日本語で予約できるサイトもあります www.classictic.com/ja
手数料は少し高いようですが


グエル邸へ



スチールを使ったドラゴンがカッコいい、堂々たる門構えです

ガウディの処女作にして認められるきっかけになった作品です

その後、またツーリストバスに乗って

最後にサグラダファミリアで降りました(何度目!?)やっぱり、最後はココですね!


ガウディは後に全ての仕事から手を引き、サグラダファミリアの建築に没頭します

元はなかなか野心家だったようですが

聖堂建築が、自分の天命だという思いに至ったようですね

どんどん禁欲的になり、

市電に轢かれて死んだ時にも、浮浪者に間違われるくらい身なりに構わなくなっていたようです

もともと裕福とは言えない生まれだったので、いつも貧しい人の事を気にかけているところがあり、

サグラダファミリアも、貧しい人々の為の罪を償う(贖罪)教会という意味らしい(へえ~)

建築中から資金難で工事が滞りがちでしたが、2度の大戦の上に

長い内戦状態で(スペインは40年前まで独裁政権でした…悪名高いフランコ政権)

ガウディの書いた設計図や模型は失われ、工事は凍りついていました

その上、現代の建築において、サグラダファミリアのような不経済、かつ不合理な建物は否定的な扱いだったようですが

20世紀末に見直されて今日に至るわけですね…波乱の歴史です

今では弟子からの伝え聞きとか、ガウディならこうしただろうという想像で建築されているそうです


サグラダファミリアは2026年完成と言われていますが、

現地の方々は…?余り信じてないようで、

今のところ18本の塔のうち、8本しか出来ていない⁉️

設計を3Dでシュミレーションしてるから早いとか

高品質コンクリートで作るから早いとか…(コンクリートで作るのか~ガッカリ)

余り急いで安っぽいものを作ってもらいたくないですが…

2026年というのは公式発表ではないようで、割に適当なことを言って

誰も責任を取らないという(⁉︎) お国柄のようで

生きてる間に完成するかどうか、眉ツバものです

今回行けてよかった!


バルセロナはまた行きたいと思える街でした

またいつか、会いに行きますね!





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。