スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バルセロナ3

バルセロナを2日巡ったので、大体の位置関係がわかってきました

◯4日目
ホテルはメトロ4号線Llacuna、4号線Jaume 1 まで乗ります

ピカソ美術館も、ここが最寄り駅です

旧市街のシンボル、カテドラルです


ゴシック建築の巨大な建物です

内部はサグラダファミリアより暗いですがなんだか落ち着きます




私はゴシック建築は好きです

決して端正とはいえませんが

少々威圧感がある方が教会らしいと思うのですが

パリのノートルダムのガーゴイルも好きです(笑)

何かが住んでいる様な気がしませんか?


ストリートミュージシャンです

小銭をカンパしました

姉です…アラブ系の方に一緒に写真を撮って、と言われて


姉は日本でいつも着物ですが

スペインでも着てました(笑)

旅行中、3人の方に写真撮影をたのまれてました

全部旅行者でしたね

カテドラルの奥の建物ににピカソの壁画があります




ピカソの線画は好きです

カフェスペースのあるパン屋さん?で、スペイン名物チュロスを食べました


ドロっとしたホットチョコレートに浸けて食べます


これはココアみたいに飲めない…ペーストですね…思ったより甘くありません

朝食として食べるそうですが…私にはチョットシツコイかな


サンタ・カタリーナ市場です


有名な現代建築だそうですが、閑散としていました

こちらはサン・ジョセップ市場です

こちらは凄く賑やかでした

この違いは何??

この市場で食べたパエリアと鶏料理は美味しかったですよ「El Quim de la Boqueria エル・キム・デ・ラ・ボケリア」

実は旅行を通して大したものを食べていなくて、

まあ、あまり食べ物に執着しないというか…スペイン料理にも興味が沸かなくて

野菜が少なく、揚げ物が多そうです

何故かスープが無いんですけど?タパス料理は、私には酒の肴に見えるんですけど(お酒は飲めない)

パエリア、生ハムは美味しいですね

手土産と自分への旅の記念品を探しに街をウロウロ

カタルーニャ広場近くの、スペイン唯一のデパート、エル・コンテ・イングレス


地下で買い物をしました

お土産のチョコレートです


地下は、普通にスーパーになってました




珍しいものではないですが…チュッパチャプスはスペイン発祥だそう

トワイニングは安かったので

made in spain を探していたのですが、なかなか無いですね

チョコはスペイン製だと思いますが、美味しいかどうかは?

差し上げた方からのリアクションが無いのでわかりません…食べてからあげるべきでしたが

1階から上はデパートですが、あまり高級感は無いですね~

でも、ルポ バルセロナとか、トウスなどのスペインブランドはありました

ルポはステキだと思いますが、あまり私っぽく無い…

トウスのベア柄はちょっと違う…ということで、購入には至りませんでしたが

こちらで買うと免税もまとめて受けられるし、10%OFF券も貰えるそうです

路面店でエスパドリーユを買いました…自分用に


エスパドリーユはスペイン製なので

カジュアルブランドのディーゼルで、夫に財布を買いました

でも、ディーゼルはスペインのブランドではないと思いますが…しかも免税手続きを忘れてしまった(涙)

自分用に黒のシンプルで小ぶりなバッグを探していましたが、

手頃な品はmade in China で…(笑)

まあ、日本もそうですが…わざわざスペインでmade in China を買いたくはないし…

日本でmade in Japan を買おうかな…円安だし

ガイドブックにはバルセロナは買い物天国!と、ありましたが

私としては…?

ロエベとかルポとかが好きならいいかも!


ところで、ここからはスペインで見聞きしたことや、自分の感想です

スペインはギリシャ程ではありませんが、EU諸国の中では財政が苦しく、失業率は約25%

若者に限るとなんと50%も!

経済を立て直すため、物価はどんどん上がっています

ですから最新のガイドブックでないと当てになりませんよ

観光客相手の、名所の入場料金は値上げしやすいでしょうが(仕方ありません)

公共料金の 値上げはこたえるでしょうね

日本も長く不況に苦しみ、今も楽観出来ませんが、そこまで深刻ではないのかも

かなり不満がたまっているようですが

もともと楽観的なお国柄のようなので、なんとかなってるのでしょうか?

今年になって少し持ち直しているようです


スペインは犯罪が多くて怖いところだと、旅行前散々言われましたが、

どうなんでしょう?別に…他のヨーロッパとそんなに変わらないような気がしますが

旅行で危ない目にあったことはありませんが…お金持ちには見えないでしょう(笑)

でも、食料品店のおじさんに
「バッグは手で押さえてね」と言われた…と思いますし、(スペイン語)

地下鉄で突然日本語で、「手荷物に気をつけて下さい」というアナウンスが流れたのには笑いました

日本人→脇が甘い→狙われ安いという定説が出来ているらしいですね

スペインの国がデンジャラスというより、不良移民がドロボウしてる(主にスリ)わけで

移民に対して寛容なお国柄が災いしてるらしいですが、最近はかなり厳しくなってるそうです

スマホを持ち歩いたら取られるよ!と言われましたが、スマホなんかみんな持ってるし

ただ、地下鉄で居眠りしてる人は皆無ですね(当たり前か)

遅くに出歩かないとか(タクシーで帰る)、持ち物に気をつけていたらそんなに危険とは思いませんけどね

あまりビクビクせず、旅行を楽しまなくちゃ!


それと、旅行で忘れてはならないのが(?)トイレ事情ですが

バルセロナはほとんど公衆トイレはありません…地下鉄の駅にもないです

サグラダファミリアとか、グエル公園、ピカソ美術館にはあったので、文化施設にはあるようです

エル・コンテ・イングレス(前述のデパート)にはトイレがあるようですが

1番利用したのはカフェなどの飲食店のトイレですね

やっぱり、洗浄便器は皆無でしたが(笑)

トイレは普通に、綺麗に掃除してあります


バルセロナのWIFI事情ですが、市街地のあちこちにスポットがあるということですが、

チラッと見かけた気がしますが?ぐらいで、そんなに頻繁にあるわけではないのでは?

グエル公園にはありましたが、繋がりは良くありませんでした(混んでた?)

上手く繋がったのはカフェ、バール

ホテルには大抵ありますが、有料かも

私の泊まったホテルは有料だったので、カフェによる度、繋げてました

いつの間にか、通信機器とは縁が切れない生活を送ってしまってるようです





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。