スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシンの話2

ミシンには大きく分けて2種類あります。

一般的なミシンは本縫いミシン

もう一つはロックミシンなどの「環縫いミシン」です

本縫いミシンは一本の針に通した上糸が下糸を引っ掛けて、直線、もしくは横振りの縫い目を形成するのに対し、

環縫いはループ(環)を形成して編みながら縫い進めるもので、色んな種類の縫い目があります

一番単純な組織はチェーンステッチ(単環縫い)です…(あまり使われてませんが)ほどけ易いんです

二重環縫いは、たまに見ます


環縫いミシンは伸縮があるので、
主にニット生地で使われています

生地端の始末やニットの縫い合わせに使う二本針オーバーロック、


Tシャツの首まわりのリブ付けや裾上げに使われるカバーステッチ、


パンツやカーテンなどに使われる、縫い合わせとほつれ止めがいっぺんにできるインターロック、


スカートやパンツの裾上げに使われるルイス、など…色んな縫い地を形成するミシンがあります

家庭用で1番よく知られていて、使われるのが3本糸または2本糸ロックミシンです
三本糸(一本針)オーバーロックです


一本の針と、ルーバーという…なんというか、可動式のガイドで編み地を構成するもので、

縫い代のほつれ止めが簡単に出来るので

洋裁好きとしては是非欲しいものですよね❗️

本縫いミシンとロックミシンがどちらも出来るものは無いかと聞かれたことがありますが

無理です!

環縫いは本縫いよりはるかに複雑な動きをする、全く別ものですから

残念ながら、ジグザグミシンで代用してもらうしかありません

私は20年以上前に3本糸ロックミシンを買ったのですが、


7年前に新しい環縫いミシンを買いました

2本針4本糸ロック、2本針カバーステッチ、インターロックが出来る‼️
というすごい(❓)ミシンということで

2本針ロックはニットの縫い合わせが出来るもので、

カバーステッチが出来ればニットはカンペキ‼️(インターロックは別にいらなかったですが)

…と思って購入しましたが、

2本針はまあまあでしたが、カバーステッチはイマイチでしたね

薄いTシャツレベルでも、少し段差が付いていたりすると

直ぐに目飛びしてしまいます

前述のように環縫いミシンは複雑な動きをするのですが、

オーバーロックより、カバーステッチの方が調整が難しいようです

両方出来ると言っても、オーバーロックとカバーステッチは全然違う動きをするので

糸の通し方も付属も変えなければいけないので、

面倒なので、使わなくなってしまいました

カバーステッチを使わなくても出来るデザインで作っていますが、若干不自由を感じてまして…

やはり、本縫いミシンが好きですね

本縫いミシンは家庭用、

職業用、

工業用と、三台持っています

元は職業用だけでしたが、


10年程前に工業用の中古を、私の洋裁の先生にいただきました

テーブル付きです

縫製業者さんが不要になったものが、私に回ってきました

MITSUBISHI製です(三菱はミシンも作ってるんですね~工業用だけだと思いますが)

工業用は、薄地用、中厚地用、厚地用と分かれているそうです

これは薄地が上手く縫えないので中厚地用と思いますが、職業用よりも厚地が縫えます

使用説明書など一切ありませんが不自由はありません

今のミシンには基盤が入っていて複雑になってるようですが

これは古いので、直線用の本体にモーターがついているだけなので壊れたこともなく、

とても動きがスムーズで、スピードもパワーもあり、愛用してます

薄地だけは職業用の方が上手く縫えます

職業用はある程度薄地~厚地まで縫えるということで…基盤が入ってるせいでしょうか

今の工業用は色んな種類があって、ポケットは自動で作れますし

ボタン付け、ボタンホール、

ベルトループなんかも自動でできるようです

モチロン、そんなのは家庭用にはないし、買えませんが

ロックミシンはあったら便利ですよね

もし買うなら、ニットなどの縫い合わせができる2本針ロックミシンの購入をお勧めします





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。