スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシンの話をしましょう

ミシンはお友達です

いつに間にか使っていました

昔は足踏みミシンでしたけどね~知って人、もう大分少ないんじゃないかな?

ミシンを買いたいけど、どんなミシンがいい❓という質問をよく受けます

出来ればいろんなことができるミシンがいいなあ…と

難しいですね…何でもできるミシンって無いんです

既製品はいろんなミシンを使って作ってますからね

家庭用のミシンにはいわゆる一般的な家庭用、プロ仕様の職業用があります

いわゆる家庭用ミシンは、それなりにイロイロ出来るミシンを目指しています

手頃な値段なのが家庭用電子ミシン、
もしくは家庭用電動ミシンですね

電動ミシンは電気で動くミシンの総称ですが

電子ミシンとはゆっくりスタートする機能、

針が上がった状態で停止する、などの機能が付いてます

要は電子制御されてるかどうかということでしょうか

速度等の電子制御がされている電子ミシンに対し、コンピューターミシンはそれ以上ということで、

縫い目の切り替え(直線→ジグザグ→ボタンホール)が、ギア(機械)でなく、電子であるらしいです(私は持ってませんので)

機能的には電子ミシンもコンピュータミシンもそう変わりませんが、

コンピュータミシンには、複雑な刺繍などができるものもあるそうです

ミシン屋さんは、コンピューターの方が“進んでいる"ということで勧めるようですが

長持ちするんでしょうか??長年使えるコンピューターなんてあります❓❓

うちのミシンはほぼ10年以上、

古いのは多分30~40年たってるんじゃないかな?

コンピューターミシンは10年は持つとうたってますが

10年しかもたない❓❓

と思うと欲しくないですね~

というわけで、持っていないので語れませんが

家庭用ミシンと職業用ミシンの違いは

家庭用は、直線→ジグザグ→ボタンホール→まつり縫い、などができるのに対し、

職業用は直線縫いしかできない、という違いがあります

これだけだと家庭用ミシンの方が良さそうですよね❓

ですが…家庭用は基本的にジグザグ、ボタンホール等、横振りの動きで

直線縫いの場合は真っ直ぐになるよう動きを修正しているので

どうしても少しブレるのです

そして、家庭用ミシンと職業用ミシンの一番大きな違いは馬力でしょう

ミシンを使って一番イラっと来るのは、縫えない時です

家庭用は厚地が縫えません

職業用が何でも縫えるわけではないですが…

家庭用よりハイパワーになっています

家庭用で縫えるレベルはどの程度かというと

家庭用もランクがあるので、あとはミシン屋さんに聞くしか無いですね

ウチの家庭用電子ミシンは30年前位の製造で、姉のお古です


当時10万円ほどしたそうです…当時、電子ミシンは珍しかったでしょうし

しかし、非常にしっかりとした作りで、
本体はほぼスチール製です(安いミシンは全部プラスチック製です)

縫い目はそこそこ綺麗です

職業用ミシンはよく工業用と混同されますが、あくまで家庭用です

工業用ミシンとは生産向けに作られたもので、馬力、耐久性が違います

しかし、職業用ミシンは付属品や針などの企画が、工業用と同じにしてあります

どんなミシンを選ぶかは、どう使いたいか、何を作りたいかによります

パワー、縫い目の綺麗さは職業用ですが、値段が手頃でイロイロな使い方ができるのは家庭用いうことになります

先ずは家庭用を選ぶ方が多いと思いますが、余り激安なものはお勧めできません

ミシンは昔から基本的な構造は変わっていないので、職業用ミシンの値段は30年前と殆ど変わってません

安いものはそれなりだと思います

今回は本縫いミシンの話をしました

次回はその他のミシンの話もします








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。