スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手作りバッグ作り

手作りバッグが思うようにいかないという話をよく聞きます

オリジナルなので好きなように作ればいいと思うのですが

既製品と同じようにならないというなら、

先ずは素材の違いでしょう

トートバッグによく使われる帆布も、既製品で使われている多くが、家庭用ミシンでは縫えません

とはいえ、バッグ用生地として手芸店で売られている生地は、変な(?)のが多いんですよねえ

リバティやソレイヤードなんかのラミネート生地は私も使いますが

安っぽい合皮風とか、バッタ物?みたいな柄ものとか

それより、折角だからオリジナルなものを作りましょうよ!

バッグの素材に重要なのは適度なハリと丈夫さです

エコバッグならコンパクトに折り畳みたいのですが、

薄い綿素材などは中に入れたものが落ち着かず、

丈夫さにも問題アリなので、ナイロンやポリエステル、薄手の帆布、麻などを使います

エコバッグ以外は、私はほとんどの場合、芯地を貼ります


この芯地があまり良いのがなかなかないんですよねえ

近所に売ってないので、この間はネットで買ったのですが、

接着が弱くて剥がれてくるので、接着シートというのを重ねて貼りました


芯選びも難しいですが、もっと難しい問題は、しっかりした芯を貼って、果たして縫えるかどうかなのです

お手持ちのミシンで縫えるかどうか…

こればかりはやってみなければわかりません

是非、ガッチリしたバッグを作りたいなら馬力が大きい職業用をお勧めしますが

なにぶん高額ですので

先ずは出来るモノを作るということで…

ミシンについては、またお話しします

素材は柔らかくてもボリュームのあるキルティングやふくれ織などでもいいですが

私はウールのコート地などをお勧めしたいです


ボリュームがあり、芯を貼るとハリがでます

最近、ハリスツイードのバッグが流行ってますが、

それ以外のウール地のバッグって、あんまりないです

既製品は材料費を抑えなければいけないので

安物は安い材料を使っているのです

作る手間は同じなので、なるべくいい材料を使うことをお勧めします



















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。