FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カーテン作りをしました②

今回のカーテンの生地ですが
ウール35%ポリエステル65%だったかな?
ポリエステルっぽさが強いですが、
ウールっぽい暖かみもあります
ウォッシャブルですって
カーテンはざっくり言うと生地を四角く縫ったもので
大して難しいものではないのですが
大きいので裁断が大変です
オーダーカーテンは2倍ヒダを奨励していて
その方が概ねヒダがタップリしてキレイですが
このかーてんを吊る部屋は私のアトリエ兼洗濯部屋で
誰も見ない(笑)
のと、2倍だと継ぎ目が出てしまい面倒なので
左右一枚づつ
1.75倍ほどになります
床に置いて切ります
まず耳は必ず切ります

耳を切らずに縫製されたカーテンがあるそうですが
耳は機織りの際伸びないように密度を高めてあるので
そのままだとつってきてしまうのです
生地は、必要丈を裁断します
トップは折り返し12センチ、ボトムは折り返し22センチとします
カーテン丈プラス34センチに生地の厚みを1センチ足しました

トップに芯地を縫いつけます
芯地をくるんで縫いつけます
裾を三つ折りにして、カーテン丈に仕上げます

ヒダを作ります

ヒダとヒダの間は10~15センチに抑えた方がキレイです
(既成カーテンのヒダは17センチくらいが多いです)
両端を三つ折りにして、裾にウェイトを入れます
裏からフックを取り付けます
カーテンをまとめるタッセルというのを作りますが
こんな形ですよね

でも、まとめることができればなんでもいいので

こんなふうに

タッセルを掛ける房掛けがつけられない窓は
カーテンの裏にタッセルを縫いつけました

こんな窓辺に

ちょっと写りが良くないですが(笑)
自分としてはまずまず
カーテンで、部屋の雰囲気はぐっと変わりますよ!
スポンサーサイト

カーテン作りをしました   ①

コグマは去年の秋から、カーテン屋さんのお手伝いをしています
なので、少々多忙になり、なかなかブログの更新が出来ませんでした
カーテンはなかなか奥深いものですが、
最近はメカものといって、ブラインド、ロールスクリーンなどカーテン以外のものも扱うので結構大変
せっかく詳しくなったので、カーテンも自作で行こうと思います
3年ほど前に作ったカーテン

ネットで購入した服地
コットン、ポリエステル、ウール、シルクの混紡?
なんか複雑ですが、質感はコットンにウールを混ぜたような感じ
落ち感はまあまあです
思ったより分厚いし継ぎ目が出るのが嫌だったので1.5倍幅にしました
ヒダ間が広すぎましたね~まだカーテンのこと、よくわかってなかったし

紺の無地でさびしいので
タッセルにフリンジテープを付けています
残り生地でコートを作りました(笑)

カーテン生地は安く取り寄せ可能なのですが(カーテン屋さんなので)
考えた末、また服地で作ることにしました
ウール混紡で作りたかったので
かなり激安のウール/ポリエステル生地をネットで見つけたので
なんとW幅で900/m円位
だって、洗濯部屋兼お絵かきアトリエだし
高い生地ではモッタイナイ
10年以上前に家を建てた時、とりあえず、前のマンションで使ってたヨーカドーで買った既成カーテン
いつか取り替えようと思ってズルズル年月が過ぎ
結構酷いカーテンです‥写真ではヒドさが分かりづらいですが(笑)

カーテン生地が届きました

白っぽいタータンチェックですが‥ちょっと生地が薄かったかなぁ
ペラペラ(^_^;)
まあ、買ってしまったので作らなければ
とりあえず、作ってみます
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。