FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリティッシュウールとハリスツイード

10月ですね!衣替えの季節になり、これから冬物です

冬物といえば、昨今、フリースなどの化繊が多く出回ってますが、やっぱり、ウールは外せない!

というか、コグマは断然ウール至上主義なんですけど

チクチク嫌い、超敏感肌のくせに、です

チクチク対策には、綿のタートルが大活躍です

化繊を、特に冬場に着ないのは、静電気のせいもあります

ウールに静電気が起きないわけではないですが、それほどでもありません

しかし、表地ウール、裏地ポリエステル使用の服は最悪です

まあ、最近そこそこのいいものでなければ裏地はポリなんですが

珍しく買ったウールのコート!バシバシ起こります…やっぱり

自分で作る時は当然、キュプラです

ポリの倍の値段です 安ものに使ってないのは納得

ポリエステルって安いですねえ

ところで、今日のお題です

最近、ハリスツイードのバッグとか小物をよく目にします

流行ってるんですね!

私は昔からのファンです(自慢じゃないですが)

ウールの中でもチクチク素材なんですけどね~でも、つい手にとって見てしまう

風合いの素朴さと温かみにひかれます

長い間、高級ウールといえばメリノ種とか、カシミアのような細くて柔らかくつやのあるもので

ハリスツイードはま逆の存在なのですが

それでもずっと廃れずに生き続けていて、

最近、ザックリな生地感が見直される傾向にあるので、

脚光を浴びてる感じです

ハリスツイードというのは会社の登録商標というたぐいのものではなく、

日本でいえば大島紬とか、そういった、産地のブランドなんですね

なんか手仕事で作られているので量産できないとか

最近のブームで生産が追いつかないそうです

ネットで検索すると、高いですねえ…こんなに高かったっけ?

私も少し持ってます 確かに高かった覚えはありますが

これはバッグにしようと思います
harisu1.jpg

かなり前にスカートを作りました 高いので、70センチ程しか買わなかったと思います
harisu2.jpg

高いのでジャケット分とかは買えなかった気がします

既製品だと10万ぐらいになってしまうのでは?

ハリスツイードは英国産、英国羊毛使用ですが(言わずと知れた、ですか?)

英国は織物初め、ニットなどのウール製品が有名ですよねえ~

実はウールの紡績(毛を糸にすること)の技術はイタリアが世界一で、織物も一番と言われてますが

イギリスは独自の織物文化があって、タータンなどはその代表なのですが、

英国羊毛の産地なので、特徴のある織物が作れたんですね

羊毛はシェアとしてはメリノウールがダントツで、オーストラリアなどが産地ですが

(最近は中国がトップらしい)

原毛が柔らかく細いのが特徴です

対して、英国羊毛は繊維が太く弾力があり、つやがあるのです

10年くらい前に、イギリス製のチェックのコートを作り、当初はほめられた覚えはないですが

最近、大絶賛!

自分の好みと世の中が合ってきたかな?

とにかく、丈夫なのは確かです!25年前(また、古い…歳がばれる)に買ったハリスツイードのスカートが

裏地ボロボロですが、表地は何ともない!

自分用のバッグを作ろうかと思います

ところで…私は昔、チェビオットという英国羊毛でホームスパン(手紬)をしてたのですが、

商社出身の人が”雑種”と呼んでいたのでびっくりしました

メリノ以外は”雑種”と呼ぶらしい 別に差別のつもりではないでしょうが

失礼な!由緒正しい羊の種類なんですよお

28年前のことです 今でも言うのかな

英国種の羊はいろいろあります ハリスツイードはブラックフェイスだと、どこかに書いてありましたけど

そうなのかな?

いつか、是非産地に行ってみたいものです







































スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。